W杯の観戦チケットの入手方法

W杯の観戦チケットを入手する方法が知りたい、
と思っているサッカーファンは数多くいるはずです。

サッカーの祭典であるW杯の観戦チケット入手方法には
色々なものがあります。

基本的には、FIFA公式サイトで予約をします。
予約をするためには、
まず、FOFAのアカウントが必要になりますので、登録をします。
その後、予約画面で希望するチケットを選択します。

チケットは色々とありますので、注意するようにしましょう。
1試合限りのチケット、
1会場で行われるすべての試合が網羅された複合チケット、
ある特定のチームの試合を網羅することが出来るチケットなどです。

どのチケットを予約するのか選んでから、顧客情報を入力します。
決済情報や名前、国籍、住所などを入力した後、
クレジットカード情報を入力します。
決済はクレジットカードのみとなっているので、
注意するようにしましょう。

その他、ツアー会社などに申し込みをして
入手するという方法もあります。
宿泊や飛行機などについてもセットプランになっている事が多いので、便利です。

このように、W杯の観戦チケットの入手方法は色々なものがあります。しっかりとポイントをおさえて、入手するようにしましょう。

サッカー選手になるには?

サッカー選手は子どもからも人気のある職業で、
将来サッカー選手になりたいと考えている子どもも多いです。

プロのサッカー選手になるためには
早くから練習をすると上達が早いので、
自分でどうすれば良いかわからない場合でも
ノウハウを持った指導者に出会うことで
どのようにすれば良いかが分かります。

サッカー選手になるためにはどのような方法があるかというと
二つの方法に分けられます。

野球選手と同じように学校のサッカー部に入ることです。
大会に出場をすることによってアピールができて
プロサッカー選手になれることができます。

もうひとつはプロのサッカークラブの下部組織に入団することです。
これはプロ野球にはないシステムで、
ノウハウを持ったプロの指導者が練習メニューを考えているので、
サッカーが上達しやすいです。

上手くなれればそのままその組織のプロサッカー選手になることも
可能で、組織も優秀な人材を小さな頃から探すために
募集しているのです。
その反面周りにも優秀な人材が集まりやすいのですが、
上の組織に上がれない場合には退団しなければなりません。
そういう組織は多くないので場所も遠くにあった場合には
電車などで通わなければなりません。
その他には街の中のサッカークラブに入ることで上達できます。

サッカーのリーグ編成

日本のサッカーリーグは
プロのチームの編成が2015年現在J1、J2、J3の3部構成になっておりその下にアマチュアのJFLや地域リーグが一しています。

J1は18チームが所属しており
ホーム&アウェイの2回戦総当たりで
34試合の成績で順位を決定します。

上位のチームには
AFCチャンピオンズリーグへの出場権が与えられます。
反対に下位3チームはJ2へ自動的に降格します。

そのJ2は22チームでの編成になっておりJ1同様、
ホーム&アウェイの2回戦総当たり42試合で順位を決定します。

3チームがJ1へ昇格しますが
上位2チームは自動的にJ1へ昇格します。
残り1チームは3位から6位までがトーナメント方式で争います。
6位までのチームがJ1への昇格の可能性があるため
J2の活性化につながっています。
J2の下位2チームがJ3に自動降格になりますが
クラブライセンスの関係で2チームが降格しない場合もあります。

J3は2014年に新たに編成されたリーグで
13チームで構成されています。
3回戦総当たりで順位を決定します。
チームの中には若手育成のために
J1J2の22歳以下の選手で構成されるJリーグアンダー22選抜というチームもあります。

J3で上位2チームに入りJ2ライセンスを保有する場合は
自動的に昇格になります。
2015年時点では37都道府県に合計52チームが所属しており、
まさにサッカーが国全体の活性化に一役買っています。

サッカー選手の選手生命

昔は、なりたいスポーツ選手というと、
第一に挙がるのは野球選手でした。

しかし現在は、多種多様なスポーツに触れる機会が増え、
その中でも人気の高いサッカー選手になりたい、
という声も多くなっています。
ところが、サッカー選手の現状はまだ、
あまり恵まれた状況ではありません。

サッカー選手の選手生命は、ポジションにもよりますが
平均すると30代前半で引退する選手が多いので約10年ほどです。

ここで、同じ人気スポーツの野球と比較しますが、野球選手の場合は、30代後半になっても現役でプレーする選手が多く、
40代の現役選手も活躍中で、
平均すると20年近くの選手生命があります。

さらに、サッカーは激しい動作やコンタクトプレーが競技の特性上、
野球よりもどうしても多くなります。
そうすると必然的に怪我のリスクが増え、
怪我で現役を引退するといったケースも多く見られます。

また、収入という面で見ても、
野球選手とサッカー選手には大きな開きがあります。

もちろん同じサッカー選手でも、日本代表で活躍し、
海外リーグでプレーするような選手は、
国内の選手の何年分もの年収を稼ぎ、
引退後も解説者などの仕事も確約されています。
一方、何年も日の出を見ることなく引退していく選手も多くいます。

以上のことから、サッカー選手の選手生命は、
憧れのスポーツ選手という割には
あまり恵まれたものではないといえます。

サッカー選手にはなぜイケメンが多い?

2002年日韓W杯を機に、日本でもサッカー人気が本格化し、
日本代表の試合はチケット完売が普通になり、
テレビで試合が放送されると高視聴率を記録しています。

また同時に、選手個々の人気も高まり、
「イケメンサッカー選手」などと紹介される機会も多くなり、
実際に、異性にモテるスポーツでも人気はとても高くなっています。

なぜサッカー選手はイケメンが多いのでしょうか。

まず、サッカー選手の体系にあります。
例として、人気スポーツである野球は、走ることが少なく、
瞬発系の筋肉を多く使うので強く大きい筋肉を鍛えます。
その結果体が大きくなり、今日本でモテる体といわれる、
「細マッチョ」体系からは大きく外れています。

しかし、サッカーは長く走るための持久系の筋肉を必要とするため、
大きい筋肉をあまり必要としません。
そのため体系がスマートな体系になります。

次に、イメージの問題です。
野球は坊主、陸上やテニスはユニフォームがあまりよくないなど、
ネガティブなイメージが先行してしまう事が多く、
そのイメージがずっと定着してしまいがちな部分があります。

それに対しサッカーは、髪型などに特に制約がないため、
髪型等の外見を気にする人が多く集まり、
外見に気を遣うイケメンが多いというイメージになります。

これらが、サッカー選手にイケメンが多いとされる所以です。